税理士におすすめの資格とは

仕事に就くためには、資格取得が求められる職種が存在します。
また、その仕事に役立つ資格を取得することで、仕事の幅を広げることにもつながります。
新たな仕事への挑戦を考えている人はもちろん、独立・開業を検討中のみなさんは、ぜひとも参考にしてください。
たとえば、TOIECの点数が高い歯科医師は、日本語が苦手な人に重宝されるでしょう。
スタッフに保育士がいると、子ども連れの患者さんが安心して通えるかもしれません。
これは、税理士事務所の経営にも通じるのではないでしょうか。
税理士資格に加えて、社会保険労務士の資格を持っていると、顧客からの年金相談などにも対応できます。
また、中小企業診断士の資格があれば、企業経営についてのコンサルティング業務に役立つでしょう。
ほかにも、金銭面でのアドバイスができるFP(ファイナンシャルプランナー)など、税理士におすすめの資格はいろいろ存在します。
資格の難易度はそれぞれ異なるほか、資格への関心の高さも人それぞれでしょう。
もちろん、税理士資格だけでも税理士業務を行うことができます。
しかし、税理士事務所の安定経営を目指すには、税理士資格以外の資格取得にチャレンジするとよいのではないでしょうか。

その他